サービスの形すら変貌させるITの進展

IT産業が著しく発展し、パソコンやインターネットを活用する生活が一般的になったことによって、ビジネス界にも変化が起こりました。
これは、インターネットを活用して情報を提供したり収集したりコンタクトをとったりすることが一般的になったことが大きく影響しています。
企業と顧客とのやりとりが電話やはがきが基本という形から、メールやチャット、Web上でのやりとりといったものに切り替わってきたのです。
インターネットは、固定料金で使用していることがほとんどです。
追加で料金がかかる電話やはがきよりもインターネットが好まれるということに加え、あまりに誰もが使い慣れてきたために利便性でもインターネットの方が勝ると感じることが増えてきたのです。

このことはサービス業にも影響をもたらしています。
人と人とが向かい合ってサービスを提供するという形よりも、インターネットを介してサービスを提供するということが広く受け入れられ、むしろ望まれる傾向が生まれてきているのです。
インターネットを介することである程度の匿名性が担保されるようになるため、普段は受けにくいサービスも受けやすくなったということも言えます。
例えば、一大決心をしたいときに占いを受けたいけれど人に見られたくないとか、病気にかかってしまっているかもしれないけれど病院に行っている姿を見られたくないといったものです。
そういうときにメールやインターネット電話でサービスを受けるということが可能になったのも、今の情報社会の恩恵だと言えるでしょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.